お問い合わせ TEL 03-3831-1541

 メールでお問い合わせ



トップウォール工法切土掘削を逆巻きで安全に施工する擁壁構築工法であり切土補強土工法

Home>工法一覧>トップウォール工法

概要

トップウォール工法とは

切土掘削を逆巻きで安全に施工する擁壁構築工法であり切土補強土工法です。

特徴

  • 地山の状況に応じて切土と切土補強土工を繰り返し、法面の安定を図りながら切土面を仕上げます。
  • 擁壁構築を行う前に切土が完成するので、早期の交通解放が可能で、施工ヤードも確保できます。
  • 擁壁の構築は、残存化粧型枠を用いて工事の省力化・短縮化が可能です。
  • 2種類の残存化粧型枠によって景観に配慮できます。

適用箇所

当工法は、切土補強土工の適用可能な擁壁構築箇所であれば適用可能です。適用に際しては、斜面勾配、背面条件、土質条件等の様々な状況を加味して、切土補強土工の規格や壁面構造等を検討します。

トップウォール工法の種類と特徴

トップウォール工法には、現場打ちコンクリートタイプとプレキャストコンクリートタイプがあります。


概要規格施工ダウンロードページの先頭へHOME

施工

施工手順

<プレキャストコンクリートタイプの例>

  1. 鉄筋挿入工とモルタル吹付を併用して、のり面の安定を図りながら段階的に掘削を進めます。
  2. 掘削終了後、トップパネル(残存化粧型枠)を設置して、コンクリート壁体を急速に構築します。
  3. トップパネルの設置と固定作業は、パネルの背面に立ち入ることなく施工できることが特徴です。
  4. 硬化したコンクリート壁体は鉄筋挿入工と相まって切土補強土工が完成します。

施工例


概要規格施工ダウンロードページの先頭へHOME

ダウンロード

※DOWNLOADボタンの上でマウスを右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してデータをダウンロードしてください。

カタログ


トップウォール工法
DOWNLOAD|7.5MB

トップウォール工法
標準積算資料
DOWNLOAD|619KB

トップウォール工法
施工要領書
DOWNLOAD|860KB

概要規格施工ダウンロードページの先頭へHOME