01_slider

斜面を安定させ
人々の生活を守ります。

02_slider

国土の安全・安心を基本に!

03_slider

身近な暮らしの中に
私たちの技術が活かされています。

新着情報

2021/05/26 6月2・3日に行われる「EE東北'21」に出展します
詳細はhttp://www.thr.mlit.go.jp/tougi/eetohoku/ee21/index.html
2021/05/26 ホームページリニューアルしました

会社情報

フリー工業株式会社は、土木工事分野の法面工事、擁壁工事、道路拡幅工事、落石防止工事などに関連する技術開発を行い、それに伴う工事と建材の製造販売で社会に貢献している企業です。

弊社は1975年(昭和50年5月)にフリーフレーム工法の開発とともに創業し、長年にわたり独自的な商品及び工法開発に励んでまいりました。引き続き国土の安全・安心を基本に、数多くの経験を生かし、法面のパイオニアとして常に新しいモノづくりに挑戦し続けます。

代表取締役社長 富田満

工法一覧

図面下、工法一覧のタイトルを選択すると工法詳細まで遷移します。

デコメッシュ

デコメッシュは、防錆性に優れた高耐食性めっき鋼板による特殊金網を用いた、1枚(1㎡)の重量8.5㎏と超軽量埋設型枠です。
型枠外部の支保工や組立て足場は原則不要で、コンクリート打設後の脱型作業も不要です。更に、運搬、加工、組立も容易であることから、工期短縮、省力化、省人化、安全性の向上が図れ、コンクリート工の生産性向上が可能となります。
NETIS 登録番号 KT-070100-VE(活用促進技術 平成30年3月掲載終了技術)
ARIC 登録番号 1146 地方新技術 宮崎県/群馬県/兵庫県/静岡県

工法一覧へ戻る
デコメッシュ画像

PCW工法

高い自立性、安定性、強度を備えた外壁用鉄筋コンクリートパネルと気泡混合盛土工を併用し、斜面に耐久性の高い盛土構造物を経済的に構築する工法です。
従来の当社技術SPCW工法から、さらに施工性・経済性の向上を追求した工法です。

NETIS 登録番号 SK-090007-A(平成27年11月掲載終了技術)
地方新技術 宮崎県/静岡県


工法一覧へ戻る

トップウォール工法

トップウォール工法は、切土補強土工法を主体に切土面や既設擁壁面の安定を図る工法です。特に切土時の斜面安定が確保できず、逆巻施工を行う場合に有効な工法です。専用埋設型枠を用いる事で状況に応じた「施工方法」「景観構築」が可能です。

切土時(逆巻施工時)の斜面安定は、切土補強土工に専用支圧板を受圧構造物として設置することで、安全に施工することができます。

工法一覧へ戻る

フリーフレーム工法

フリーフレーム工法は、合理的な金網型枠の特性と吹付工法の特徴を生かして、 切土のり面・自然斜面などに連続した枠を作る工法です。 斜面の安定をはかるとともに緑化工などを施工することによって、 自然環境との調和を大切にした工法として広く採用されている工法です。
※フリーフレーム協会HPより引用

工法一覧へ戻る

事業所一覧

本社・支店・営業所
(2021年4月現在)

関連会社